IR Massage株主の皆様へ

ごあいさつ

第49期(2021年12月期)第2四半期

株主の皆様には、日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
第49期(2021年12月期)第2四半期、当社グループの業績概要についてご報告申し上げます。

当第2四半期の当社グループを取りまく経営環境は、中国ではいち早く景況が新型コロナウイルス感染症拡大前の状況に戻りつつあり、またワクチン接種が進んだ地域では景況感が上向く兆しがありますものの世界的には新型コロナウイルス感染症の影響が継続しており、国内外ともに厳しい状況が続いております。こうしたなか、当社グループは、光製品や電子機器の新製品普及活動、AVコンソール製品などの販促活動を積極的に行うと共に、ITネットワーク関連製品など新規製品の開発活動に取り組んでまいりました。国内では新型コロナウイルス感染症の影響に加え東京五輪関連需要の終了により業績の落ち込みが大きくなりましたが、海外では同様に新型コロナウイルスの影響が続いておりますものの中国が回復して牽引したため業績は好転しました。この結果、売上高47.5億円(前年同期比0.1%減)、経常利益4.6億円(前年同期比10.2%増)、純利益3.1億円(前年同期比5.1%増)と減収増益となりました。中間配当金につきましては、当第2四半期の業績を勘案し、1株当たり13円とさせていただきました。

下半期(7月-12月)の通期業績予想につきましては、全世界的に新型コロナウイルス変異株の感染が増加する一方で、特にワクチン接種が進む国・地域では マクロ経済が回復していくことが予想されることから、売上高101.9億円(前期比5.1%増)、経常利益9.8億円(前期比0.4%減)、純利益6.8億円(前期比0.1%増)、期末配当金は、15円(年間 28円)を予定しております。株主様におかれましては、今後もご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

中島社長

2021年9月
カナレ電気株式会社
代表取締役社長

中島正敬

IR CATEGORY

了承する